ホームへ戻る
> 会社情報 > 研究所

研究所

研究所

高研研究所 写真

新技術開発の最前線

アテロコラーゲンの研究開発で長年の実績を有し、世界をリードする高研。 その研究拠点が研究所です。 アテロコラーゲンの医療機器や医薬品添加物への応用、細胞培養用の担体など、常に製品化を視野に入れた先進的な研究が行われています。 当研究所をベースに育まれた高研の技術開発力は、常に産・学・官の注目を集め、多くの共同開発プロジェクトへと展開。 すでに多くの実績を生み出しています。

高研研究所 写真

学際的・業際的に認知された、高次元の研究開発力

高研は、アテロコラーゲンの新たな展開に向けて、独創的な研究、技術開発を鋭意推進しています。 中でも今、大きな注目を集めているのが、核酸医薬をはじめとした先端医療への応用。 高研は、アテロコラーゲンと複合体を形成した核酸が、組織や細胞に取り込まれ、細胞内で効果的に機能・発現する現象を発見しました。 この新たな技術はガン等の疾患治療や遺伝子治療、その他にも遺伝子の機能解析等、幅広い応用が考えられ、アテロコラーゲンの可能性をさらに広げようとしています。 またアテロコラーゲンはその高い生体親和性ゆえ、様々な医薬品を細胞に運ぶ担体としての役割が期待されています。 さらに、生体組織工学に基づいた人工臓器および再生医療が現実味を帯びてきた今、この分野での幅広い応用を目指し、ES、iPSなどの多能性幹細胞を用いた研究も着手しています。

 

研究所

〒115-0051 東京都北区浮間2-13-10
電話:03-5914-2540 ファックス:03-5914-2670
 受付時間/平日 9:00-17:30 (土日祝日除く)