ホームへ戻る
> ニュース&トピックス 一覧 >電気手術器「アルサトーム(MB1−MC)」をお使いのお客さまへ(注意喚起)

ニュース&トピックス

電気手術器「アルサトーム(MB1−MC)」をお使いのお客さまへ(注意喚起)

2010年7月6日

 今般、プラグの端子が固定されていない二股プラグ(「フライングリード」)をモノポーラ電極用の出力端子に誤って接続したことにより、意図せずに通電し出力が数倍〜10倍になったため熱傷をきたした事例が報告され、厚労省より通知が発出されました。
 つきましては、弊社の取扱い製品でフライングリードに該当するバイポーラコード(製品番号 50-1105 株式会社 名優)をご使用の際には、接続する電気手術器の機種名が「アルサトーム(MB1−MC)」であるかをご確認頂き、下記の事項にご留意の上、ご使用くださいますようお願い申し上げます。



1.対象製品

対象製品 接続可能な機器
「バイポーラコード 50-1105」 「アルサトーム MB1−MC」
バイポーラコード50-1105


株式会社名優
届出番号 12B1X00003OLSENM
アルサトーム MB1−MC
機種名をご確認ください

株式会社高研
承認番号 20900BZY00020000

※「アルサトーム SU(認証番号220AGBZX00359000)」及び「バイポーラコードCPB/E」は、誤接続できない構造なので対象ではありません。


2.留意事項

●対象製品(フライングリードのバイポーラコード)を使用する際には、バイポーラ電極用の出力端子に正しく接続するよう十分にご注意ください。

正しい接続方法 誤接続の一例
正しい接続方法 誤接続の一例

対象製品については、平成22年中に在庫分限りで販売を終了させて頂きます。

ご不明な点は、お近くの弊社営業所までお問い合わせください。


以上



HOMEへ