ホームへ戻る
> ニュース&トピックス 一覧 > 第33回日本DDS学会学術集会にて学術発表

ニュース&トピックス

第33回日本DDS学会学術集会にて学術発表

2017年6月29日

下記の要項にて学術発表を行います。


開催期間 2017年7月6日(木)〜7月7日(金)
7月6日(木)にポスター発表を行います。
会場 京都勧業館みやこめっせ
演題 siRNA/アテロコラーゲン複合体投与におけるsiRNA体内動態の投与経路間比較
(演題番号:P-59)
著者
(所属)
持丸 大輔、勢村 加容子、藤本 一朗
(株式会社高研 研究所)
要旨 核酸DDS担体の開発では、生体に投与後の核酸の血中動態や組織への分布を理解することが担体の特性を知る上で重要である。今回我々は、マウスの尾静脈、皮下、腹腔内にsiRNAとアテロコラーゲンの複合体を投与し、血中、正常組織、皮下腫瘍に分布する完全長siRNAをqPCR法で検出した。これらの実験の結果、血中および正常組織では投与経路によりsiRNAの動態が異なることが示唆された。一方、皮下腫瘍では投与経路に関わらずsiRNAの動態が類似しており、投与後24時間においてもsiRNAの検出が可能であった。


HOMEへ