ホームへ戻る
> ニュース&トピックス 一覧 > 第17回日本再生医療学会総会にて学術発表

ニュース&トピックス

第17回日本再生医療学会総会にて学術発表

2018年1月18日

第17回日本再生医療学会総会にてポスター発表を行います。


日時 2018年3月22日(木) 17:40〜18:30
会場 ポスター会場(パシフィコ横浜 3階 311+312, 313+314)
セッション 一般演題 ポスター 「iPS細胞(分化2)」
演題 アテロコラーゲン膜におけるヒトiPS細胞由来肝細胞の機能的成熟
著者(所属) 佐藤 哲郎、勢村 加容子、藤本 一朗(株式会社高研 研究所)
要旨 肝再生医療および創薬においてヒトiPS細胞から分化誘導した肝細胞様細胞(HLC)の応用が期待されている。 しかし、従来の分化誘導法で作製したHLCは成人肝細胞と比較して未熟であるため利用が制限されている。 我々はテロペプチドを除去して抗原性を低下させたアテロコラーゲン(AC)の再生医療・創薬応用を目指している。 これまで、ACを膜状に加工したAC膜において肝癌由来細胞株(HepG2)の肝機能が亢進することを確認した。本研究では、AC膜がヒトiPS細胞由来HLCの機能的成熟に与える影響を調べたので報告する。


HOMEへ