ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > セーブマン アドバンス LM-085

セーブマン アドバンス LM-085

概要

AHA ACLS プロバイダーコースに準拠した二次救命処置の訓練人形です。このコースでの使用実績から、必要不可欠な機能を厳選し、低価格化を実現したコース用の訓練人形です。頭部、口腔内、胴表皮には、シリコーンを採用しリアルな感触・肌触りを実現しました。

セーブマン アドバンス LM-085 写真 リモコンをクリックするとボタン説明ページが開きます。

監修・指導
日本ACLS 協会理事長AHA Japan ITC 日本ACLS 協会トレーニングセンター

境田 康二先生
横浜旭中央総合病院 循環器内科部長
源河 朝広先生

 

特長

気道管理

  • バックバルブマスク(BVM)での換気、気管挿管はもちろんのこと、ラリンゲルマスク、コンビチューブ、LT等もご使用できます。
    また、口咽頭エアウェイ、鼻咽頭エアウェイの挿入もできます。

気管挿管 口咽頭エアウェイ 鼻咽頭エアウェイ 写真

  • 気管に分岐部が有り右肺、左肺の構造をとっており、片肺挿管の状態が胸の膨らみにより確認できます。
    又、聴診器で肺への送気音が鎖骨直下、腋窩にて確認できます。
  • 左右肺の気道閉塞を設定できます。(手動式)

気道閉塞 右肺気道閉塞 送気音 写真

  • 食道部に弁を設け、過剰な圧力で送気した場合は、胃に空気が入り胃膨満の状態が確認できます。

胃膨満 写真

 

輸液路確保

  • 左右の腕は、輸液チューブを固定できるマジックテープ付きです。
    ※実際に注射はできません。

輸液路確保 写真

 

除細動、心電図モニタリング

  • 不整脈シミュレーターを内蔵しており、AHA ACLS プロバイダーコースに準拠した不整脈・心電図波形を網羅しております。
  • 心電図波形はリモコンにて直感的な操作ができます。また、リモコンはコードレスでの操作もできます。
    (コードレスでの操作は充電池が必要です。)
  • 心電図波形の種類は16種類、付加波形は4種類が選択できます。心拍数は段階式に変更ができ、様々な組み合わせができます。
  • 心電図波形に同期した総頸動脈が触知でき、総頸動脈のみを止めることができます。(PEA及び脈有りVT、脈無しVTも再現できます。)
  • 実際の除細動や経皮ペーシングにより心電図波形が変換できます。また、経皮ペーシングの閾値の設定もできます。
  • 圧迫深度約5cm以上の胸骨圧迫実施時に胸骨圧迫の波形を心電図に混入させることができます。
    (ガイドライン2010対応)
  • ACLS などのコースの時に便利な待機波形の設定もでき、除細動などにより、自動で実行される機能も装備しています。
  • シナリオ機能により1パターン最大20コの波形が連続記憶できます。

※別売品として、電極パッドの代わりに訓練用としてご使用いただけるパッドアダプターがございます。 (各除細動器メーカー専用となります。詳しくは「セーブマン LM-073」の別売品を参照してください。)

経皮ペーシング 総頸動脈の触知 胸骨圧迫時、波形混入 写真

 

■構成

品名数量
人形上半身1体
人形下半身1体
リモコン1台
リモコン用充電池1個
リモコン用接続ケーブル1本
外部受光端子1個
受光部用接続ケーブル1本
充電器1台
充電器用電源コード1本
ACアダプター1個
肺閉塞用チューブ1本
肺閉塞用シリンジ1本
シリコーンスプレー1本
専用タッパー (2個)1組
ソフトケース1袋

■仕様(本体)

サイズ 約 縦175 ×横60 ×高さ26 (cm)
重量 約14 (kg)

サイズ重量
人形上半身 約 縦95 ×横60 ×高さ25 (cm) 約13 (kg)
人形下半身 約 縦90 ×横41 ×高さ26 (cm) 約1.2 (kg)
ソフトケース 約 縦100 ×横59 ×高さ37 (cm) 約2 (kg)

総重量 約20kg

本体セットには、ソフトケースが付属しております。

■消耗品

品名 数量 品番
シリコーンスプレー(2本入) 1組 LM-073J
リモコン用充電池 1個 LM-073G
人形用充電池 1個 LM-073H

■別売品

セーブマンアドバンス用ハードケース LM-0852

キャスターが付いた収納ケースです。

サイズ 約 縦117 ×横71 ×高さ38 (cm)
重量 約 18 (kg)

ハードケース LM-0852 写真

 

セーブマンシリーズ(セーブマン、セーブマンアドバンス)は、頭部、腕、足の各パーツの単品購入が可能な為、パーツの組み替えができる「モジュラーパーツ」の販売をしております。
また、頭部や腕部を組み替え、訓練に合せた4タイプの「組み替えタイプ」の販売をしております。

 

ガイドライン2010 改造キット LM-073MK

 

胸骨圧迫訓練評価システム しんのすけくん
SVWB1320J

セーブマン・セーブマンアドバンスに取り付けることにより、ガイドライン2015に基づいた胸骨圧迫の評価が可能になります。
(注) 人形の状態やセンサーの劣化、使用方法等によっては圧迫深さに誤差が生じることがあります。

  • 評価可能な項目
    ・圧迫の深さ ・圧迫のリズム ・リコイル ・デューティーサイクル(DC)
    ・圧迫の位置 ・CPR中の胸骨圧迫比率(CCF)
  • リアルタイムにフィードバック
    上記評価項目を視覚、聴覚によるリアルタイムフィードバックが可能です。
  • 評価可能項目ごとに点数化
    改善点が明確化、訓練のモチベーション向上にもつながります。

詳細は 住友理工ホームページ をご覧ください。