ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > ビデオ喉頭鏡対応頭部 LM-085M3

セーブマンシリーズ用オプション・気管挿管困難訓練モデル ビデオ喉頭鏡対応頭部 LM-085M3

概要

頭部後屈困難例、舌浮腫による喉頭鏡挿入後 喉頭展開困難例、
開口困難例を設定できます。
さらに、声門の視認性を向上させ、 当社従来品よりも声門が確認しやすくなりました。
(コーマックグレード1相当)
また、従来のセーブマンアドバンスの機能を引き継ぎ、
この1台で多くの実習が行えます。
頭部、口腔内、表皮などの主要な部分には、シリコーンを 採用し、
リアルな感触、肌触りを実現しました。

ビデオ喉頭鏡対応頭部 LM-085M3 写真

 

気管挿管の業務プロトコールに対応 !

気管挿管の業務プロトコール

【気管挿管の適応外となるケース】
① 状況から頚髄損傷が強く疑われる事例
② 頭部後屈困難例
③ 開口困難と考えられる例
④ 喉頭鏡挿入困難例
⑤ 喉頭鏡挿入後喉頭展開困難例
⑥ その他の理由で声帯確認困難例
⑦ 時間を要する、もしくは要すると考えられる例
⑧ その他担当救急救命士が気管挿管不適当と考えた例
ただし、ビデオ硬性挿管用喉頭鏡を用いる場合においては、@ADは気管挿管の適応と考えられるケースに該当する。

当モデルはABCDの事例を想定し訓練ができます。

 

声門の視認性を向上

当社従来品よりも声門が確認しやすくなりました。
(コーマックグレード1相当)

 

頭部後屈困難例を設定可能

頸部固定レバーを操作することで頸部が固定され後屈困難を設定できます。

 

喉頭鏡挿入後
喉頭展開困難例を設定可能

舌送気ポンプで舌を膨らませることにより舌浮腫を作り、喉頭鏡挿入後喉頭展開困難を設定できます。

 

開口困難例を設定可能

下顎を上にあげて固定することにより開口困難を設定できます。

 

左右肺の気道閉塞を設定

(手動式)

シリンジでエアーを送入することにより 左右の肺が閉塞します。

 

■仕様

品名サイズ重量
ビデオ喉頭鏡対応頭部本体縦48×横20×高さ25(cm)約4kg

■構成

品名数量
ビデオ喉頭鏡対応頭部本体1台
舌浮腫送気チューブ 1本
肺閉塞内部チューブ 1本
肺閉塞外部チューブ 1本

■交換部品

品名品番
肺閉塞外部チューブLM-0856

■消耗品

品名品番
シリコーンスプレー(2本入)LM-073J