ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > セーブマンプロ LM-119P

セーブマンプロ LM-119P 発売予定品

概要

従来のセーブマン同様、救急救命処置や特定行為の実習モデルとして現場での処置から搬送・車内での処置などを一連の流れで訓練する事が可能です。
さらに、質の高い胸骨圧迫の訓練、心停止前の病態把握の訓練が可能です。

セーブマンからの主な改良点

  • 頭部をはじめセーブマン自体の構造を見直し、リアルな感触・肌触りを維持したまま使い勝手が向上します。
  • 胸骨圧迫の評価機能により、胸骨圧迫の客観的評価が可能になります。また、訓練時の処置や操作を記録・確認することができ、訓練後のフィードバックが可能となります。
  • リモコンタブレットの採用によりバイタルサイン等の情報量が充実します。人形では表現が難しいバイタルサインや身体所見は、付属のモニタータブレットも活用することで様々な症状の想定が可能になります。

セーブマンプロ LM-119P 写真

監修・指導
一般財団法人救急振興財団 救急救命東京研修所教授

南浩一郎 先生

 

特長

胸骨圧迫の訓練と評価

  • 項目毎に胸骨圧迫中の数値をモニタリングできます。基準値を外れた項目は強調表示されます。(基準値は任意に設定可能です。)
  • 訓練後、項目毎に胸骨圧迫実施回数中の有効値をパーセンテージとレーダーチャートで確認できます。

評価項目 胸骨圧迫の結果表示例

 

バイタルサインと身体所見

  • バイタルサインの情報をモニタータブレットに表示することで訓練者に提示することができます。各表示項目はリモコンタブレットから表示・非表示を切り替えることも可能です。

表示項目 モニタータブレット表示例

  • モニタータブレット通じて、皮膚の状態や神経学的所見、呼吸音などを訓練者に提示することができます。
    また、訓練者がモニタータブレットを操作して自ら情報を取りに行くことも可能です。
 

換気

  • 下顎の形状、可動性を人体に近づけるように修正しました。これにより用手気道確保(頭部後屈顎先挙上、下顎挙上)の質感が向上しました。顎部を固定した状態で下顎挙上のみによる換気も可能です。
  • 気道確保の状態はセンサによって評価しています。気道確保の状態に応じて、気道開通は3段階で再現しています。
  • 人工呼吸時の換気量をタブレットに表示することができます。
  • 片肺閉塞状態、両肺閉塞状態をリモコンタブレットから任意に設定可能です。
  • 挿管困難症例(頭部後屈困難、舌浮腫、開口困難)を任意に設定可能で、ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管のプロトコールに沿ったトレーニングが可能です。(リモコンタブレットからの設定はできません。)
 

■構成

品名数量
人形本体1体
セーブマンプロ用ウェア(上下)1式
リモコンタブレット1台
モニタータブレット1台
プロ・スタンダード用バッテリー1個
プロ・スタンダード用バッテリー充電器1台
パッドアダプター(購入の際に1種類ご指定ください)1組
有線接続用パーツ(ケーブル×2、ハブ×1、アダプター×2)1式
シリコーンスプレー1本
模擬異物1ケース
模擬血液(500ml)1本
セーブマンプロ用血管チューブ(20本)1組
ベビーパウダー1個
取扱説明書1部