ホームへ戻る
> 教育用医療モデル/製品一覧 > セーブマンスタンダード LM-119S

セーブマンスタンダード LM-119S 発売予定品

概要

従来のセーブマンアドバンス同様、AHA ACLSプロバイダーコースに準拠した二次救命処置の訓練モデルです。胸骨圧迫の評価機能を追加し、質の高い胸骨圧迫の訓練が可能となります。

セーブマン アドバンスからの改良点

  • 頭部をはじめセーブマンアドバンス自体の構造を見直し、リアルな感触・肌触りを維持したまま使い勝手が向上します。
  • リモコンタブレットを採用し、胸骨圧迫の客観的評価が可能になります。また。訓練時の処置や操作を記録・確認することができ、訓練後のフィードバックが可能となります。

セーブマンプロ LM-119P 写真

監修・指導
日本ACLS協会 理事長
AHA Japan ITC
日本ACLS協会トレーニングセンター
境田康二 先生

 

特長

胸骨圧迫の訓練と評価

  • 評価項目毎に訓練中の数値をリアルタイムでモニタリングできます。
    基準値を外れた項目は強調表示されます。
    (基準値は任意に設定可能です。)
  • 訓練後、基準値内で行えた回数をパーセンテージとレーダーチャートで確認できます。
  • ストレッチャーでの搬送訓練中やベッドの上での評価も可能です。

胸骨圧迫の訓練と評価

 

換気

  • 下顎の形状、可動性を改良しました。これにより用手気道確保( 頭部後屈顎先挙上、下顎挙上)の質感が向上しました。
    頸部を固定した状態で下顎挙上のみでの換気も可能です。
  • 気道確保の状態に応じて、気道開通状態が可変します。
    ( 頭部後屈3 段階、下顎挙上2 段階)
  • 換気量をタブレットに表示することができます。
  • BVMにより過剰な圧で換気をすると胃が膨満します。
  • 片肺または、両肺閉塞状態をリモコンタブレットから任意に設定可能です。
  • ビデオ喉頭鏡、ラリンゲルチューブなどの器具を用いた気道確保の訓練が可能です。
  • 挿管チューブの位置が深すぎると片肺のみ膨らみ、食道に挿入されると胃が膨らみます。

 

心電図モニタリング・除細動

  • 心電波形は基本の18種類と、付加波形6種類、ST変化2種類の組み合せから選択できます。選択した波形はリモコンタブレットおよびモニタータブレットに表示できます。
  • 電気ショック、経皮ペーシングの実施により、波形が変化します。
    実際のエネルギー量での実施も可能です。
  • 心電波形に同期した脈拍を触知できます。 ※総頚動脈のみ
  • 胸骨圧迫に同期して心電波形にアーチファクトが混入します。
  • 電極パッドの代わりに訓練用としてご使用いただけるパッドアダプターがあります。
    ※ セーブマンスタンダードは別売
 

■構成

品名数量
人形本体1体
セーブマンSウェア(上下)1式
リモコンタブレット1台
セーブマンPS人形用ACアダプター1個
セーブマンS有線接続キット1式
シリコーンスプレー1本
簡易マニュアル1部
セーブマンSソフトケース1袋

■別売品

品名数量型番
シリコーンスプレー(2本)1組LM-073J
模擬異物(5ケース)1組LMV-01
セーブマンPS人形用バッテリー1個LM-119B1
画面ミラーリングキット1組LM-119E1
セーブマンPSハードケース1台LM-119D1