ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > 胸部外傷トレーナー LM-093

胸部外傷トレーナー LM-093

概要

高エネルギー外傷は、複数の外傷を合併する事が多く、胸部外傷は治療の優先順位を決定するのに中心的な外傷と言えます。この胸部外傷トレーナーは、閉塞性ショックの処置の実習に外科的気道確保の実習をプラスしたモデルです。

5 つの手技が実習できます。

  • 輪状甲状靭帯穿刺
  • 輪状甲状靭帯切開
  • 胸腔穿刺 (左右)
  • 胸腔ドレナージ (左右)
  • 心嚢穿刺

胸部外傷トレーナー LM-093 写真

 

特長

輪状甲状靭帯穿刺・輪状甲状靭帯切開

輪状甲状靭帯穿刺  輪状甲状靭帯切開

  • 穿刺・切開部位には、気道、輪状軟骨、甲状軟骨があります。
  • 輪状甲状靭帯はお手持ちのサージカルテープ( 紙製) を貼り付けて再現して下さい。
  • 切開孔を広げる手技として輪状軟骨と甲状軟骨が開く構造になっています。
  • 表皮にはシリコーンを使用し生体に近い外観と感触を持ち、訓練に臨場感を与えます。

胸腔穿刺(左右)

胸腔穿刺(左右)

  • エアーを入れることにより、左右の胸郭を隆起できます。( 緊張性気胸、皮下気腫)
  • 胸郭の隆起に連動して頸静脈の怒張を再現できます。
  • 穿刺部位のランドマークとして胸骨角と第二肋間があります。
  • 穿刺を行うと空気が流失し、胸部の隆起、頸静脈怒張も治まります。
  • 穿刺針にシリンジを付けていた場合には空気圧によりシリンジの押子( プランジャー) が持ち上がります。
  • 表皮にはシリコーンを使用し生体に近い外観と感触を持ち、訓練に臨場感を与えます。
    ※18Gより細い針をご使用下さい。

胸腔ドレナージ(左右)

胸腔ドレナージ(左右)

  • 実際に切開を行える切れ込みのないタイプと、あらかじめ切り込みが入った繰り返し使える2種類の部位があり、左右どちらでも手技が行えます。
  • 実際にドレナージチューブ(トロッカーカテーテルなど) を挿入できます。
  • 挿入部位のランドマークとして第5, 6肋間があります。
  • 胸膜はお手持ちのサージカルテープ(紙製) を貼り付けて再現して下さい。
  • 表皮にはシリコーンを使用し生体に近い外観と感触を持ち、訓練に臨場感を与えます。

心嚢穿刺

心嚢穿刺

  • 心嚢穿刺の穿刺部位を特定する為の骨格(剣状突起、肋骨弓)があります。
  • 正しい角度・深さで穿刺を行ったときに模擬血液を引くことができます。
  • 誤った角度や深く刺しすぎた場合にはエラー音が鳴ります。
  • 頸静脈の怒張を再現できます。(手動式)
  • 表皮にはシリコーンを使用し生体に近い外観と感触を持ち、訓練に臨場感を与えます。
    ※18Gより細い針をご使用下さい。
 

■仕様

胸部外傷トレーナー本体

サイズ 約 縦73 ×横40 ×高さ20 (cm)
重量約 8 (kg)

スポンジ台

サイズ約 縦45 ×横30 ×高さ9 (cm)
重量約 560 (g)

※スポンジ台傾斜10°

■構成

胸部外傷トレーナー1台
スポンジ台1枚
スタンド1台
模擬血液 (ダークタイプ) 500ml1本
模擬血液タンク1個
単三電池4本
ソフトケース1枚
 

■消耗品

a輪状甲状軟骨表皮:切込無 10枚入 1組LM-093B1
輪状甲状軟骨表皮:切込有 5枚入 1組 LM-093B2
b胸腔穿刺部位(右) 1個LM-093CR
胸腔穿刺部位(左) 1個LM-093CL
胸腔穿刺表皮 (2枚入) 1組LM-093D
c胸腔ドレナージ部位(右):切込有 1個LM-093ER
胸腔ドレナージ部位(左):切込有 1個LM-093EL
胸腔ドレナージ部位(右):切込無 5個入 1組LM-093FR
胸腔ドレナージ部位(左):切込無 5個入 1組LM-093FL
d胸部外傷用心嚢穿刺部位 1個LM-093G
胸部外傷用心嚢穿刺部位表皮セット 1組 LM-093H
e模擬血管(ダークタイプ)500ml
(静脈血を再現した赤褐色です。)
1本 LM-090E

■別売品

胸部外傷トレーナー用ハードケース 1台 LM-093V