ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > 咽頭喉頭透明モデル LM-104

咽頭喉頭透明モデル LM-104

概要

中咽頭から下咽頭までを立体的に再現した透明モデルです。
嚥下治療に携わる治療スタッフ教育や、患者や家族に指導する際に、咽頭喉頭の
複雑な構造を理解してもらう為の説明用モデルとしてご使用いただけます。

咽頭喉頭透明モデル LM-104 写真

 

特長

  • 正中で2分割が可能です。

  • 喉頭蓋や梨状窩、声門を忠実に再現しており、梨状窩の深さや喉頭前庭の深さがわかります。

  • 可視化したことで咽頭喉頭の複雑な立体構造を直感的に把握できます。また、外部から食物の流れを見ることができます。
    (実際に液体を入れることが可能です)

  • 咽頭喉頭の立体構造を理解することで、食材の工夫や姿勢の意義を教育できます。 また、誤嚥した場合の喀出する難しさを理解させることができます。

  • 嚥下内視鏡の教育時に、画像とモデルを見比べることにより、どの位置を見ているのかを理解できます。

  • 食道は閉塞状態であることがイメージできる様に線で表現しています。

 

各部の名称

 

■仕様

サイズ約 縦9 ×横11 ×高さ13 (cm)
重量約 1.1 (kg)

■材質

特殊シリコーンゴム
 

咽頭喉頭透明モデル ハンドブック

監修頂いた社会医療法人健和会 健和会病院 総合リハビリテーションセンター長 福村直毅先生のコメントや、 使用例を紹介しています。
資料はWEB 問合せフォームから請求して下さい。