ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > 殿部筋肉内注射モデル LM-027

殿部筋肉内注射モデル LM-027 (収納ケース付)

概要

注射部位の確認、注射針の刺入、薬液の
注入等一連の手技が演習可能です。骨格
の感触、注射針の刺入感触が生体に酷似
しています。正しくない注射部位に刺入す
ると警告音が鳴ります。

殿部筋肉内注射モデル LM-027 写真

 

特長

  1. 筋肉内注射シミュレーションモデルとして、生体に近い材質と形態の教材です。
  2. 骨格等は生体に近い感触であり、それらを基に注射部位の確認ができ、さらに正しくない注射部位に刺入すると警告音が鳴ります。
  3. 生体に近い注射針の刺入感触があり、学生の注射施行への不安を軽減することができます。
  4. 注射技術の注射針の刺入、薬液の注入等一連の手技の演習ができます。
  5. このシミュレーションモデルは生体に近い教材のため、注射施行時、注射部位の決め方や固定の仕方、注射針の刺入角度等が実際に近い状態で演習できます。
  6. 注射部位および表皮は簡単に交換できます。
 

各部の名称

  1. ① 前面パネル
  2. ② スイッチパネル
  3. ③ 電池ボックス
  4. ④ 排液コネクター(左)
  5. ⑤ 排液コネクター(右)
  6. ⑥ 排液チューブ(左)
  7. ⑦ 排液チューブ(右)
  8. ⑧ アラームスピーカー
  9. ⑨ 注射部位(左)
  10. ⑩ 注射部位(右)
  11. ⑪ アラームセンサー組込み部位(左)
  12. ⑫ アラームセンサー組込み部位(右)
  13. ⑬ 表皮

各部の名称 イラスト

 

注射部位

  • 注射部位の位置は殿部4等分の上、外側の2等分線上で腸骨稜または体側から3分の1です。
  • 注射部位は有効範囲直径5cmの円形で、皮下脂肪層、筋膜、筋層より構成されています。
  • 骨格は腸骨稜、上前腸骨棘、上後腸骨棘、大転子、恥骨の確認ができます。

注射部位 イラスト 腸骨稜 殿溝

 

■仕様

サイズ重量
本体約 縦36 ×横32 ×高さ20 (cm)約 3.6 (kg)
注射部位約 縦5 ×横5 ×高さ5 (cm)約 40 (g)
収納ケース約 39 ×横42 ×高さ32 (cm)約 4 (kg)

■消耗品

注射部位(左右1組)LM-0271
交換用表皮(1枚)LM-0272

■構成

本体1台
乾電池(単3)4本
交換用注射部位(左右)各1個
排液チューブ(左右)各1本
収納ケース1個