ホームへ戻る
> 生体モデル/製品一覧 > 腕自慢 LM-074

腕総合注射モデル 腕自慢 LM-074 収納バッグ付 写真

概要

この腕自慢1台で、筋肉内注射、皮下注
射、静脈内注射の3種類の注射の手技が
演習できます。さらに静脈内注射は、前
腕正中皮静脈、手背静脈での手技が可能
ですので、合計4つの演習ができます。
前腕正中皮静脈の注射可能範囲が広くなりました。

腕総合注射モデル 腕自慢 LM-074 写真

 

特長

  1. 表皮等主要な部分にシリコーンゴムを使用しております。生体に近い外観と感触及び刺入感があり、演習に臨場感を与えます。
  2. 1台で4つの演習ができます。複数のモデルを準備する必要がなく、準備、片付けの時間が短縮できます。
  3. 肩、肘、手首を可動させることで、各手技の体位を再現できます。
  4. 表皮(シリコーンゴム)は、針穴が残りにくく、相当数の演習に耐えられます。
  5. 真空採血管及びシリンジでの採血もできます。

※21Gより細い針をご使用下さい。


 

構造

血管構造

前腕正中皮静脈 写真

前腕正中皮静脈

①シリコーンゲル部
模擬血管をシリコーンゲルで包み込む構造のため、刺入時に血管が逃げる、血管を突き抜ける等の感触が再現できます。

注射部位追加

②模擬血管
シリコーンゲル部の血管(①)よりも血管の視診、触診がしやすい血管です。

針の固定 写真

針の固定

従来よりテープが剥がれにくい表皮になり、針の固定が安定しました。
(表皮はシリコーンゴムです。)

 

排液構造

●2重の排液構造により簡単メンテナンス

筋肉内注射、皮下注射時に注入された液は、スポンジ排液とチューブによる排液の2重排液構造になっておりますので、液漏れの心配もなく、簡単にメンテナンスできます。

筋肉内注射排液構造 写真

■筋肉内注射排液構造


皮下注射排液構造 写真

■皮下注射排液構造

 

各演習における特長 4つの演習

筋肉内注射

筋肉内注射 写真

  • 骨格などは生体に近い感触であり、肩峰を確認できるようになっております。その肩峰を基に注射部位を確定できます。
  • 注射の準備、体位変換、注射部位の特定から、注射針の刺入、薬液の注入と注射技術の一連の演習ができます。

皮下注射

皮下注射 写真

  • 注射部位をつまむことができる構造になっております。
  • 骨格などは生体に近い感触であり、肩峰を確認できるようになっております。その肩峰を基に注射部位を確定できます。
  • 注射の準備、体位変換、注射部位の特定から、注射針の刺入、薬液の注入と注射技術の一連の演習ができます。

静脈内注射 (前腕正中皮静脈内注射・手背静脈内注射)

  • 前腕正中皮静脈と、手背静脈で演習ができます。
  • 注射の準備、体位変換、注射部位の特定から、注射針の刺入、薬液の注入と注射技術の一連の演習ができます。
  • 真空採血管及びシリンジでの採血もできるようになっております。
  • 注射部位及び表皮は簡単に交換できます。
  • 模擬血液は生体血液に近い色と粘性を備えています。また、モデルが汚れても水で洗い落とすことができます。
  • 模擬血液の循環方式は手動式(自然落下方式)です。電源が必要なく、取り扱いが簡単です。

■前腕正中皮静脈内注射

前腕正中皮静脈内注射 写真

血管の視診、触診がしやすい部位と、刺入時に血管が逃げる、血管を突き抜ける感触の部位が再現されています。

■手背静脈内注射

手背静脈内注射 写真

※手首を回転させて下さい。

 

■構成

構成 写真

本体
スタンド
イルリガートル (2本)
肘枕
模擬血液
ベビーパウダー
排液チューブ
シリンジ(清掃用)
収納バッグ

■仕様

サイズ重量
約 縦63 ×横10 ×高さ11 (cm)約 3 (kg)
スタンド約 縦60 ×横27 ×高さ68 (cm)約 2 (kg)
 

■消耗品

皮下・筋肉内注射部品

腕自慢用 上腕表皮1 枚LM-0741
腕自慢用 筋肉内注射部位1 個LM-0745
腕自慢用 筋肉内注射部位
スポンジ
1 個LM-0746
腕自慢用 皮下注射部位1 個LM-0747
腕自慢用 皮下注射部位
スポンジ
1 個LM-0748
腕自慢用 肩峰部品1 個LM-07411

消耗品 写真

静脈内注射部品

腕自慢用 前腕表皮1 枚LM-0742
腕自慢用 手表皮1 枚LM-0743
腕自慢用 静脈内注射部位1 個 LM-07416
腕自慢用 正中血管チューブ10 本LM-07414
腕自慢用 血管コネクター10 個LM-07415
腕自慢用 手背血管チューブ10 本LM-07413
模擬血液 (500ml)1 本LM-028D