ホームへ戻る
> 医療機器/製品一覧 > コーケン内視鏡洗浄容器ポータブル

コーケン内視鏡洗浄容器ポータブル

特長

  • 訪問診療先での内視鏡の洗浄・消毒ができ、使用済みの消毒液を回収できます。
  • 持ち運びに便利なキャリングケース付です。
    ※内視鏡を入れての持ち運びはしないでください。
  • 消毒用トレイは内視鏡全体を消毒液に浸漬できる設計で、内視鏡の形状に合わせることで、消毒液使用量を1L以下にできます。
  • 内視鏡が消毒用トレイの消毒液に浸かっていない部分に触れることによる再汚染を防止するために、溝の上部を広げた二段溝構造になっています。

コーケン内視鏡洗浄容器ポータブルは、日本大学歯学部摂食機能療法学講座准教授 戸原玄先生と株式会社高研が共同開発した製品です。

 

コーケン内視鏡洗浄容器ポータブル 写真

製品番号 製品名 包装単位
#1081 コーケン内視鏡洗浄容器ポータブル 一式
 

適用機種※2011年3月現在

HOYA株式会社

PENTAX喉頭ファイバースコープ FNL-10RBS  FI-7RBS  FI-9RBS  FI-10RBS
PENTAX胃ファイバースコープ FP-7RBS FP-7RBS2

オリンパスメディカルシステムズ株式会社

OLYMPUS鼻咽喉ファイバースコープ ENF TYPEGP  ENF TYPEP4
 

洗浄液・消毒液の標準使用量

 

本品使用上の注意事項

  • 内視鏡が破損する可能性があるため、本品に入れて持ち運びしないでください。
  • キャリングケースに消毒液等の密封性はないので、洗浄・消毒をしながら持ち運びしないでください。
  • 内視鏡全体を消毒液に浸漬するため、使用する際には、本品を水平なところに置いてください。
  • 付属の角型ポリビンに消毒液を入れて持ち運ぶ際には、消毒液の漏れがないよう、しっかり蓋を閉めてください。
    更にキャリングケース内への液漏れ防止のため付属のチャック付きポリ袋に入れて密封してください。
  • 使用後は内視鏡と消毒液をキャリングケース内に保管をしないでください。
 

参考文献

戸原玄、中川量晴:開業歯科医のための摂食・嚥下障害入門⑨「 嚥下内視鏡も進歩しています」
歯界展望 VOL.116 No.6 1139-1142 2010