ホームへ戻る
> 医療機器/製品一覧 > レティナ

レティナ<滅菌済>

保険請求名 承認番号
気管切開・保持用 20800BZZ00234000

特長

  1. 柔らかなシリコーン製で、気管切開孔や気管粘膜への刺激が軽微です。
  2. パイプが気管の奥まで入らないため、異物感が軽微です。
  3. 装着時の首の回転、屈伸が容易にできます。
  4. 小型で目立ちにくく、長期間気管切開孔を保持するのに適しています。
  5. 接続部品を取り付けることで、呼吸訓練や発声訓練ができます。
 
外径D
7mm 9mm 11mm 13mm
長さL 8mm #3707-08
10mm #3707-10 #3709-10
12mm #3707-12 #3709-12 #3711-12 #3713-12
14mm #3707-14 #3709-14 #3711-14 #3713-14
16mm #3707-16 #3709-16 #3711-16 #3713-16
18mm #3707-18 #3709-18 #3711-18 #3713-18
20mm #3707-20 #3709-20 #3711-20 #3713-20
22mm #3707-22 #3709-22 #3711-22 #3713-22
24mm #3709-24 #3711-24 #3713-24
26mm #3709-26 #3711-26 #3713-26
28mm #3709-28 #3711-28 #3713-28
30mm #3711-30 #3713-30
32mm #3711-32 #3713-32

レティナ 写真

レティナ イラスト シリコーン製、内部フランジ、外部フランジ、プラステック製

 

サイズの選び方

  • 下記、レティナゲージの使用図のように気管切開孔よりレティナゲージを挿入し、フック部分を気管前壁に引っかけ表皮までの長さを測ります。
  • 外径は現在使っているカニューレの外径を、長さは気管前壁から表皮までの実長より2〜3mm長めを目安にしてください。

レティナゲージ 写真
気管前壁から頸部皮膚面までの長さを測る簡単なレティナゲージを無償にてご用意しております。お申し付けください。
レティナゲージの使用図レティナゲージの使用図

 

オプション

接続部品<滅菌済>

保険請求名 承認番号
不可 20800BZZ00234000

接続部品 写真

詳細

  • 「レティナ」専用の接続部品です。
  • レティナ本体のサイズによらず共通にご使用いただけます。
製品番号 製品名 包装単位
#3791 レティナフレーム 1個/袋
#3792N エアウェイキャップ 1個/袋
#3792F エアウェイキャップ(フレーム用) 1個/袋
#3793N 15Mジョイント 1個/袋
#3793F 15Mジョイント(フレーム用) 1個/袋
#3794N ワンウェイバルブ 1個/袋
#3794F ワンウェイバルブ(フレーム用) 1個/袋
#3795 フレームアタッチメント 1個/袋
 

レティナ本体と接続部品

レティナ本体と接続部品 イラスト

  • レティナフレーム
    レティナ本体がはずれやすい時に使用します。一般の気管カニューレのように綿テープ等を使用して、頸部に固定します。レティナフレームを使用するにはフレーム用のエアウェイキャップ、15Mジョイント、ワンウェイバルブ、フレームアタッチメントのいずれかが必要です。
  • エアウェイキャップ
    気管切開孔をふさいで、呼吸訓練をする時に使用します。レティナフレームを使う場合はエアウェイキャップ(フレーム用)をご使用ください。
  • 15Mジョイント
    人工鼻を接続するためのφ15mmのコネクターです。レティナフレームを使う場合は15Mジョイント(フレーム用)をご使用ください。
  • ワンウェイバルブ
    発声用の一方弁です。吸気時に開き、呼気時に閉じます。レティナフレームを使う場合はワンウェイバルブ(フレーム用)をご使用ください。
  • フレームアタッチメント
    レティナフレームをレティナ本体に固定する際に使います。ただし、フレーム用のエアウェイキャップ,15Mジョイント,ワンウェイバルブを使うときは、それらにレティナフレームを固定できるので、フレームアタッチメントは不要です。
 

使用上の注意

  • 鉗子等でつまむ際、本品を傷つけないでください。一度、傷が付きますとそこから裂ける恐れがあります。もし傷がついてしまったら新しい製品をお使いください。
 

こちらの製品は以下の行為を禁止しています

  • 再使用禁止
    ディスポーザブル製品のため、再使用禁止
  • イソジン等のヨード系消毒剤禁止
  • 長時間の紫外線照射禁止