ホームへ戻る
> 医療機器/製品一覧 > トラキフォン

トラキフォン

承認番号
22000BZX00297000

特長

  • 自発呼吸がある患者に使用する気管カニューレ用の人工鼻です。
  • わずか2.9gと非常に軽量です。
  • サクションポートが付いており、トラキフォンをはずさずに吸引チューブを入れることができます。
  • 酸素ポートが付いており、酸素吸入が可能です。
  • サクションポート部分に指をあてて押し込むと、カニューレの口を指でふさぐことと同じことになり、それによって呼気が声門を通って口に抜けるため、発声ができます。 (「発声の原理」参照)
 

トラキフォン 写真

 

使用上の注意

  • 他の加湿器又はネブライザーとの併用は絶対にしないでください。 フォームが目詰まりを起こし、呼吸ができなくなります。
  • 分泌物が溜まったときは直ちに新品と交換してください。分泌物が付着することにより、流量抵抗が上昇したり、閉塞したりする可能性があります。
 

仕様

製品番号 ATOS7704
重量 2.9 g
寸法 奥行き 22 × 高さ 28 × 幅 38(mm)
酸素ポート外径 4 mm
一回換気量 (VT) 50〜1,000 mL
通気抵抗 0.36 ± 0.15 cmH2O at 30L / min
死腔 9.5 mL
加湿性能 20.5 mg / L (VT = 500 ml)
包装単位 50 個 / 箱
 

発声の原理

呼気時にサクションポート部分に指をあてて押し込むと、カニューレの口を指でふさぐことと同じ原理になり、それによって呼気は声門に誘導されて、発声ができます。

発声の原理 イラスト

<注意>
サクションポート部分に指をあてて押し込んで、息を吐いても息苦しくならないことを確認してご使用ください。

 

人工鼻の原理

1. 呼気がフォームを通過する際に、呼気の水分がフォームに吸着されます。
2. 呼気がフォームを通過する際に、水分を含んだ空気を取り入れます。
3. 酸素チューブを接続することも可能です。
<製造販売元> 潟Aトスメディカルジャパン

こちらの製品は以下の行為を禁止しています

  • 再使用禁止
    ディスポーザブル製品のため、再使用禁止