ホームへ戻る
> 医療機器/製品一覧 > レティナ

レティナ<滅菌済>

保険請求名 承認番号
気管切開・保持用 20800BZZ00234000

気管切開カニューレガイド


特長

  • パイプと内部フランジに柔らかなシリコーンを使用しています。
  • パイプが気管の奥まで入らないため、異物感が軽微です。
  • 装着時の首の回転、屈伸が容易にできます。
  • 小型で目立ちにくく、長期間気管切開孔を保持するのに適しています。
  • 接続部品を取り付けることで、呼吸訓練や発声練習ができます。

 

仕様

単位mm

製品番号外径長さA
#3707-087825
#3707-1071025
#3707-1271225
#3707-1471425
#3707-1671625
#3707-1871825
#3707-2072025
#3707-2272225
#3709-1091027
#3709-1291227
#3709-1491427
#3709-1691627
#3709-1891827
#3709-2092027
#3709-2292227
#3709-2492427
#3709-2692627
#3709-2892827
#3711-12111229
#3711-14111429
#3711-16111629
#3711-18111829
#3711-20112029
#3711-22112229
#3711-24112429
#3711-26112629
#3711-28112829
#3711-30113029
#3711-32113229
#3711-34113429
#3711-36113629
#3711-38113829
#3711-40114029
#3713-12131231
#3713-14131431
#3713-16131631
#3713-18131831
#3713-20132031
#3713-22132231
#3713-24132431
#3713-26132631
#3713-28132831
#3713-30133031
#3713-32133231
#3713-34133431
#3713-36133631
#3713-38133831
#3713-40134031

包装単位:1個/箱

内容

レティナ挿入時外観

 

サイズの選び方・挿入方法

気管前壁から頸部皮膚面までの長さを測るレティナゲージを無償にてご用意しております。図のように気管切開孔よりレティナゲージを挿入し、フック部分を気管前壁に引っかけ表皮までの長さを測ります。外径は使用中のカニューレの外径を、長さは気管前壁から表皮までの実長プラス2〜3mmを目安にしてください。

レティナゲージ 写真レティナゲージ

レティナゲージの使用図レティナゲージの使用図


挿入方法

内部フランジの一方を折りたたみ、
ピンセットで押さえる方法

上下の内部フランジを内側に折りたたみ、
内側からピンセットで押さえる方法

 

オプション

接続部品<滅菌済>

保険請求名 承認番号
不可 20800BZZ00234000

レティナ本体のサイズによらず共通にご使用いただけます。

■仕様

番号 製品番号 製品名 規格
@ #3791 レティナフレーム 全サイズ共通
A #3792N エアウェイキャップ
B #3792F エアウェイキャップ(フレーム用)
C #3793N 15Mジョイント
D #3793F 15Mジョイント(フレーム用)
E #3794N ワンウェイバルブ
F #3794F ワンウェイバルブ(フレーム用)
G #3795 フレームアタッチメント

包装単位:1個/箱

 

レティナ本体と接続部品

フレームを使用しない場合

@#3792N
  エアウェイキャップ
  呼吸訓練

C#3793N
  15Mジョイント
  人工鼻の接続

E#3794N
  ワンウェイバルブ
  発声練習および発声

 

フレームを使用する場合

接続方法:オプションとレティナフレームを接続してからレティナ本体に接続してください。

@#3791
  レティナフレーム
  頸部との固定

B#3792F
  エアウェイキャップ(フレーム用)
  呼吸訓練

F#3794F
  ワンウェイバルブ(フレーム用)
  発声練習および発声

D#3793F
  15Mジョイント(フレーム用)
  人工鼻の接続

G#3795
  フレームアタッチメント
  レティナフレームの固定

 

使用上の注意

  • 鉗子等でつまむ際、本品を傷つけないでください。一度、傷が付きますとそこから裂ける恐れがあります。もし傷がついてしまったら新しい製品をお使いください。
 

こちらの製品は以下の行為を禁止しています

  • 再使用禁止
    ディスポーザブル製品のため、再使用禁止
  • イソジン等のヨード系消毒剤禁止
  • 長時間の紫外線照射禁止